HOME > 東村山歯科・矯正歯科の矯正治療6つの特徴

「歯並びコーディネーター」は、いわば矯正治療のスペシャリスト
当院では矯正治療に特化した女性の歯並びコーディネーターが、矯正治療にかんする疑問・不安をお伺いしています。

初回の無料カウンセリングでは、ドクターと歯並びコーディネーターの二名体制で、治療内容についてご説明。費用面から治療内容まで、どんな細かなことでも丁寧にお答えしますので、「ドクターにはちょっと聞きにくい質問」などは、お気軽に歯並びコーディネーターまでご相談ください。
治療前も治療中も、そして治療後も不安のないよう、どんなことでもお話できる環境を整えています。

当院在籍中の歯並びコーディネーターのご紹介

当院在籍中の歯並びコーディネーターのご紹介
見えにくい・痛みが少ない 全ての矯正装置を導入

ワイヤー矯正・マウスピース矯正など、全ての矯正装置を導入しているため、どのような症例の患者様にも治療を受けていただけます。
見えにくい治療を希望されるのであれば、インビザラインやインコグニートを。
難症例であれば正しく矯正治療を行うことのできるブラケットをと、矯正治療のプロが患者様に最適な矯正装置をご提案します。
患者様がご希望する矯正装置を使用できない場合もありますが、それは時間と費用をかけて治療を行う患者様に、ベストな結果を提供したいからこそです。またお子様の矯正治療の場合、すぐ開始する必要がない場合も、無理に治療を勧めることはありません。
最適な方法と最適な時期を判断することこそ、認定医の役目だと考えています。

当院で取り扱う矯正装置の種類

動画サンプル

矯正治療の先駆者的存在のDr.TM Graberは矯正歯科医が望んだ位置に歯を配列するための道具がいかに効果的なものであったとしてもその位置に歯が位置し続けるかどうかは、口腔顔面と呼吸器系の複合的な機能によって作り出されるダイナミックな動的力学によって決定されると言っています。
歯並びは、大まかにいうと歯列の内側に舌が位置し外側に口唇、頬粘膜が存在しその筋圧がとれたところに配列していくということです。
「筋と骨が争えば勝つのは必ず筋なのである」ということです。

当院での矯正治療は、舌や口唇などの軟組織に異常がある場合、その異常を取り除くことから始めます。
歯並びだけではなくある疾患(歯並びの悪さも疾患ととらえます)には必ずその原因が存在するものです。
たとえば、虫歯になる方は必ず甘いものを好んで食しています。砂糖を食さなければ極端な話虫歯にはなりません。
歯並びももちろん遺伝的なものもありますが、生活していくうえでの悪習癖によって惹起されるものもあるのです。
例えば指しゃぶりが幼少期から長年続いていた場合は上の前歯が外側へ傾斜し、下の前歯は内側へ倒れこみ出っ歯になります。
出っ歯になるとお口が閉じにくくなり口呼吸になってしまいます。
またはその指しゃぶりで舌が前方へ出る癖がついてしまえば開咬と言って前歯が噛まない状態になります。(図1)

いかにして習慣づけられた習癖を改善していくかがきれいな歯並び、機能的な歯並びを獲得し維持するのに必要不可欠であると考えています。

当院ではドクターのみならず歯科衛生士、トリートメントコーディネーターを含めて毎月の勉強会をしながらMFT治療にあたっています。

当たり前の習慣をかえることは難しいことです。しかしその習慣を除去しない場合矯正治療をおこなっても後戻りという現象を引き起こしてしまうことをご理解いただきたいと考えています。

「日本矯正歯科学会認定医」だから任せて安心です

歯科医師は、「一般歯科・矯正歯科・口腔外科・小児歯科」の4科を診療科目として標榜することができます。
つまり、歯科医師であれば誰でも矯正治療を行うことができるのですが、このことを知らない患者様も多くいらっしゃいます。日本矯正歯科学会では矯正歯科医療の水準を維持し向上を図るため、矯正歯科における充分な学識と経験を有する歯科医師にのみ、「日本矯正歯科学会認定医」を与えています。

当院院長はもちろん「日本矯正歯科学会認定医」の一人。
正しい矯正治療を希望されるのであれば、是非とも認定医のいる歯科医院で矯正治療を受けてください。

日本矯正歯科学会認定医を取得するには?

日本矯正歯科学会認定医を取得するためには、一般的な歯科医師免許の取得以外にも、

  • 学会指定研修機関における矯正歯科基本研修およびその期間を含めて、5年以上にわたり、矯正歯科臨床研修(以下「臨床研修」という)を修了した者。または、同等の学識、技術、経験を有すると判断される者。
  • 学会の認めた刊行物に矯正歯科臨床に関連する論文を発表した者。
  • 学会倫理規定を遵守する者。
  • 歯科医師免許取得後、引き続き5年以上の学会会員である者。

といった条件を満たす必要があり、審査に合格した歯科医師のみに認定医資格証が交付されます。充分な学識と経験が必要となる日本矯正歯科学会認定医はまだまだ少なく、東村山エリアでは当院のみとなっております。
※2015年3月現在。

日本矯正歯科学会ホームページはこちら

矯正治療を成功させるためには、まずは的確な診査・診断が必要。
これらを正しく行うためには、最新機器が欠かせません。
当院ではレントゲンだけでは診断が難しい症例にも対応できるよう、歯科用CTを導入。
治療開始前に「精密な診査」と「的確な診断」を行います。

その他にも、抜歯の際に必要不可欠なマイクロスコープや拡大鏡を導入しているため安心してオペに臨んでいただけます。
さらには、治療開始前に模型を使用して矯正治療後の歯並びを患者様に見せることで、分かりやすく説明するなど、不安のない状態でベストなゴールを一緒に目指すことをお約束します。

精密診査に欠かせない最新機器

その他の最新導入機器はこちら
「痛みの少ない」矯正治療にはヒミツがあります

無料カウンセリングに来院される方から「矯正治療中は痛くないのですか?」と良く聞かれますが、実は矯正治療が痛いのには理由があるのです。
一般的なブラケットのワイヤーには硬いステンレスが使用されていますが、その理由はステンレスだと簡単に曲げることができるため。
特別な機材がなくとも使用できることから、多くの歯科医院で使用されているのです。

しかし当院で使用している形状記憶素材のニッケルチタンは、柔らかく弾性があるものの、ヒートベンダーという特殊な機材で500℃もの熱を加えなくては曲げることができません。
ニッケルチタンを使用したブラケットの場合、ステンレスのものよりも格段に痛みは少なくなります。「矯正治療を受けたいけれども痛いからイヤ…」と思っている方こそ、当院へ一度ご相談ください。

〒189-0022
東京都東村山市野口町1-46
ONE’S TOWER 4階
ホームページを見たとお伝えください 042-306-0407受付時間平日 9:30-13:00 / 14:30-19:00
土 9:00-18:00(昼休憩なし)
日 9:00-13:00 / 14:00-17:00
※第2・4日曜のみ
※第1・第3・第5日曜日は休診

お問い合わせ 詳しくはこちら