HOME > 矯正治療の流れ > 大人の矯正治療

歯並びと健康について

矯正治療というと、小児時期に行うものと思われる方もいるかもしれませんが、矯正治療は年齢を問わず幅広い世代の方にお受けいただける治療です。
最近ではとくに永久歯が生えそろった後に、矯正治療を受ける大人の方が増えていますが、その理由は健康を保つため。
歯並びが悪いと歯周病やむし歯になりやすく、その結果糖尿病・心筋梗塞といった全身疾患が引き起こされることから、美しい歯並びは身体全体の健康を保つうえでも欠かせないのです。

矯正治療を始めるうえで年齢は問題ではありませんが、患者様の口内環境と歯を支える歯槽骨という骨の状態が重要になります。
もしお口の状態が健康であれば、たとえ60代以上の高齢の方であっても治療を始めることは可能です。
矯正治療が可能なのは年齢ではなく、あくまでもお口の中の状態だと考えると良いでしょう。

目立たない矯正治療をご希望の方へ

目立たない矯正治療をご希望の方へ

当院がおすすめするインビザラインやインコグニートは、見た目を気にする方におすすめの矯正治療方法です。
インビザラインにもインコグニートにもそれぞれメリット・デメリットがあるため、それらをしっかりご納得したうえで、治療に臨んでいただければ幸いです。

当院では大きく、抜歯の必要があるケースではインコグニートを、抜歯の必要がない場合はインビザラインをおすすめしています。
お口の状態を拝見したうえでしか治療可能かどうかはわからないため、まずは無料カウンセリングにお越しください。
女性の歯並びコーディネーターも在籍していますので、ドクターにお話しにくい内容などは、お気軽にこちらのスタッフにご相談ください。

矯正治療が必要な歯並び

開咬(オープンバイト)

開咬(オープンバイト)

お口を閉じて噛み合わせようとしても、一番奥の歯だけ噛んだ状態となり、前歯が噛んでいません。
歯を閉じても閉まらない状態です。

反対咬合

反対咬合

通常であれば、前の歯が下の歯に覆いかぶさるように生えているところ、逆になっているのが反対咬合です。
そのため、顎が突き出て見えるなどの特徴があります。

過蓋咬合

過蓋咬合

上の歯が下の歯に対して、かぶさりすぎている状態です。噛み合わせが深いともいわれます。
前の歯ががっちりと噛みこんでしまうために、下顎の働きが阻害されてしまうこともしばしばです。

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)

乱杭歯(らんぐいし)ともいわれ、バラバラに生えた状態をいいます。生える方向が異なるだけでなく、ねじれている場合や、重なり合っている場合もかなりあります。
そのため歯ブラシがしづらく口内環境が悪化しやすい歯列です。

上顎前突

上顎前突

俗にいう「出っ歯」の状態です。前歯が下の歯より突き出しているために突き出して見えるのが特徴です。
下顎が小さいことが原因の事が多いようです。逆の状態を下顎前突と呼びます。

成人矯正(永久歯列の矯正治療)の料金表

下記の料金は必要に応じて

※別途消費税がかかります。基本施術料は分割でのお支払い、カード払いも可能です。
※矯正治療は保険外治療ですが、外科手術を併用した場合保険適用となる場合もございますのでご相談ください。

初診時検査費用
¥30,000
初診時診断料
¥15,000
基本施術料
¥900,000から
調整料(毎月の調整時)
無料

〒189-0022
東京都東村山市野口町1-46
ONE’S TOWER 4階
ホームページを見たとお伝えください 042-306-0407受付時間平日 9:30-13:00 / 14:30-19:00
土 9:00-18:00(昼休憩なし)
日 9:00-13:00 / 14:00-17:00
※第2・4日曜のみ
※第1・第3・第5日曜日は休診

お問い合わせ 詳しくはこちら